"Хосе Марти"-ны өөр хувилбарууд

б
+cat; defaultsort
б (Хосе Мартин нь Хосе Марти руу зөөгдлөө: Хосе Марти)
б (+cat; defaultsort)
[[Image:JoseMarti.jpeg|right|thumb|200px|Хосе Марти]]
{{Уран Зохиол}}
 
'''Хосе Жүлиан Марти Перез'''(José Julián Martí Pérez, [[1853]] оны [[1 сарын 28]] - [[1895 оны]][[5-н сарын 19]])нь [[Куб]]ын [[уран зохиолч]]、[[хувьсгалч]] юм. 19-р зууны Кубын тусгаар тогтнолын хувьсгалын зүтгэлтэн бөгөөд түүний нэр Кубын түүхтэй салшгүй холбоотой. Мөн [[Латин-Америк]]ийн орчин цагийн уран зохиолын үндэслэгч гэдгээрээ ч алдартай.
 
{{DEFAULTSORT:Марти, Хосе}}
[[Image:JoseMarti.jpeg|right|thumb|200px|Хосе Марти]]
[[Category:Зохиолч]]
 
[[Category:Кубын улс төрчид|Хосе Марти]]
== Амьдрал ==
[[Category:Кубын шүлэгчид|Хосе Марти]]
ホセ・マルティは1853年に[[スペイン]]領キューバの[[ハバナ]]市で、スペインからの移民であったマリアノ・マルティとレオノル・ペレス・カブレラとの間に生まれた。彼が四歳の時一家は一旦スペインの[[バレンシア (スペイン)|バレンシア]]に移住するが、父親のマリアノの健康がすぐれず、二年後にキューバに戻っている。キューバに戻ったマルティは、[[詩人]]で独立思想家の[[ラファエル・マリア・メンディベ]]が校長を務める公立学校に入学した。メンディベの[[教育]]は、幼き日のマルティに多大なる影響を与えたと言われている。また、マルティはメンディベの家で催される文学者や政治思想家の集いにも頻繁に参加し、その経験が彼の文学者、独立思想家としての土壌となった。
[[Category:Хувьсгалч|Хосе Марти]]
 
メンデべの経済的援助で初等教育を修了したマルティは芸術にも興味を持ち、1867年にハバナにある美術専門学校に入学する。在学中にマルティはそこで、多くの愛国的な[[詩]]や[[戯曲]]を書いている。1868年に最初の独立戦争([[十年戦争]])が起こると、マルティは盛んに風刺雑誌「紛糾者 El Diablo Cojuelo」や週刊誌「自由な祖国 Patria Libre」等の編集に参加するようになる。更に独立革命家達とも多く交流を持った為、マルティは1869年に反逆罪で投獄される。翌年マルティは懲役6年を宣告されるが、父親の奔走によりキューバ南西部の[[ピノス島]] Isla de Pinos(現在の[[フベントゥ島]] Isla de la Juventud)に追放された後スペインに送られることになった。
 
1871年にスペインに送られたマルティは、[[マドリード]]及び[[サラゴサ]]に滞在し、現地のサラゴサ大学等で[[法律]]や[[文学]]、[[哲学]]などの研究を行った。またキューバからの航海途中に著述した「キューバに於ける政治犯刑務所 El presídio poltíco en Cuba」を到着直後に[[マドリッド]]で出版する等、キューバ独立に対する情念は全く衰えていなかった。更に共にキューバから追放された同志[[フェルミン・バルデス・ドミンゲス]] Fermín Valdéz Domínguezと共にキューバの問題に関する討論にも積極的に参加し、「スペイン共和制とキューバ革命 La república española ante la revolución cubana」を出版している。スペインでまた彼は美術、法律及び哲学の学士号を授与されている。
 
スペインでの数年の滞在を経て、マルティは[[フランス]]を訪問した後1874年に[[メキシコ]]に渡った。メキシコでは友人のマヌエル・メルカードの斡旋で、エル・フェデラルとレビスタ・ウニベルサルの編集を行った。彼はそこでも創作の他[[ヴィクトル・ユーゴー]]の翻訳を行い、メキシコの文士達と交流するなど活発な文学活動を続けた。また、後にグアテマラで結婚する事になる亡命キューバ人の娘・カルメン・サヤスと出会っている。
 
文学活動は行ったものの、仕事に恵まれなかったマルティは1876年にグアテマラに移り、中央学校の文学と哲学の授業で教鞭をとった。しかしマルティは当時のグアテマラ政府の政策に馴染めず、二年後に「グアテマラ Guatemala」を著してグアテマラを去った。
 
1878年に、友人マルティネス・カンポスの援助でマルティは故郷キューバに帰還する。既に十年に渡ったキューバ独立戦争は鎮圧されていたが、マルティは独立への夢を捨てずに再び活発な独立運動を展開、亡命を余儀なくされる。
 
再度キューバを追われたマルティは海外で各地を点々とする事になる。はじめスペインに短期滞在した彼は[[アメリカ合衆国]]の[[ニューヨーク]]に移り、すぐに[[ベネズエラ]]の[[カラカス]]に移っている。ベネズエラでは雑誌「レビスタ・べネソラーナ」を創刊するが、時の為政者[[グスマン・ブランコ]]に対する批判から、ここでも国外退去を余儀なくされる。ベネズエラを追われたマルティは、1881年に再度、当時多くの亡命キューバ人の滞在していたニューヨークに居を移し、そこに14年間滞在する事になる。
 
一方元々キューバの富裕層出身の妻、カルメンはキューバ独立に情熱を燃やすマルティに甚だ冷淡で、数度の別居の後息子を連れてマルティの下を去りキューバに帰った。この事はマルティを深く傷付けたと言われている。ニューヨークに滞在したマルティは知識人として広く知られ、パラグアイとアルゼンチンの駐米領事、ウルグアイの駐米領事及び国際金融会議代表を歴任している。しかしキューバ独立の夢は常にマルティの脳裏から離れることは無く、後に彼は独立運動に専念する為これらの地位を全て放棄している。
 
米国に滞在中マルティは、政治活動の他精力的な文学活動も続け、米国やラテンアメリカの各雑誌に寄稿すると共に子供向け雑誌「黄金時代La Edad de Oro」を創刊すると共に「イスマエリーヨIsmaelillo」や「簡潔な詩集Versos sencillos」等の作品を発表している。
 
1894年、彼は遂にキューバに於ける本格的な独立闘争を開始するべくメキシコに革命資金の調達に赴く。マルティは同志達と共に武器を満載した船を三隻調達し、米国フロリダ州の[[ファーナンディナ・ビーチ]]を出航する計画を立てる。マルティと同志達は出航直前に警察に逮捕されるものの、マルティの友人の米国人弁護士に救われ、1895年1月30日に[[ドミニカ共和国]]の[[サント・ドミンゴ]]に寄港、マクシモ・ゴメス・イ・バエス将軍と合流する。キューバ各地に於いて独立闘争が激化すると、マルティとゴメスは3月25日にモンテクリスティ宣言を発表、キューバ独立戦争の方向性を明確にする。4月11日にマルティとゴメスは同志達と共に[[ハイチ]]を出発、キューバの[[オリエンテ県]]、プライタスに上陸を果たす。マルティにとっては十数年振りの故郷であった。一行はキューバ各地で闘争を繰り広げるが、優勢を保つスペイン軍との戦いは熾烈を極めた。そして同じ年の5月19日、マルティは[[ドス・リオス]]付近で戦闘中に被弾、キューバの独立を見る事無くその波乱に満ちた生涯を閉じた。戦闘中であった為、革命軍は彼の遺体を回収する為スペイン軍と熾烈な戦いを繰り返したという逸話がある。彼の遺体は[[サンティアゴ・デ・クーバ]]のサンタ・エフィへニア墓地に埋葬された。
 
== Үзэл бодол, уран зохиол ==
ホセ・マルティは活発な独立思想家であり、その思想は多く彼の文学作品に反映されている。彼はその思想の為各地を転転とする生活を余儀なくされたが、妻のカルメンはこれに耐え切れず、マルティが米国に移住する前に二人の子供を連れ彼の下を去っている。この事はマルティを精神的に傷付けたが、その逆境を乗り越え自分の息子に捧げた名作「イスマエリーヨ」を完成させた。また、放浪の生活にあってもその創作意欲は衰える事無く、多くの作品を残している。
 
マルティは生前、キューバ独立の為に宗主国スペインと激しく対峙したが、その一方で青春の日々を過ごした[[マドリッド]]や[[サラゴサ]]を非常に愛していた。スペインを舞台に彼は戯曲「姦通者 Adúltera」を執筆している。
 
また、アメリカ主義を主張したマルティだが、彼のアメリカとは正にラテンアメリカに他ならず、マルティはアメリカ合衆国がラテンアメリカの独立運動に干渉することを非常に嫌っていた。マルティは米国に滞在中、米国政界のキューバに対する姿勢に幻滅し、以後米国のラテンアメリカに対する干渉に強固に反対するようになった。マルティは生前に著作「我等がアメリカ」の中で米国のラテンアメリカに於ける覇権拡大を強く懸念しているが、実際に彼の懸念は独立後のキューバに於ける米国の実質的な支配、20世紀を通してのラテンアメリカに於ける米国の影響力の拡大という形で現実となる。  
 
== Бүтээл ==
; 小説 
* 不運な友情 ''Amistad funesta''
; Шүлэг
* イスマエリーヨ ''Ismaelillo''
* Богино шүлгүүд ''Versos sencillos'' 中の詩を元にして後にJ.F.ディアスが曲をつけたワンタナメラ (グァンタナモの娘) という歌がキューバの国民的歌謡となった。
* Шүлгийн түүвэр ''Versos libres''
* Цөллөгдөгч ба цэцэг ''Flores del destierro''
; Жүжиг
* Сүүлрэгч ''Adúltera''
; Нийтлэл ба бичгийн ажил
* Куб дахь улс төрийн хэрэгтний шорон ''El presídio politico en Cuba''
* Испанийн Бүгд Найрамдах засаглал ба Кубын хувьсгал ''La república española ante la revolución cubana''
* Гватэмал ''Guatemala''
 
== Түүний нөлөө ==
Хосе Марти нь хойч үеийхэнд маш их нөлөө үзүүлжээ. Тэрбээр Куб улсын үндэсний баатар гэдгээрээ түмэнд өргөмжлөгдөж, Бүгд найрамдах Куб улсын хувьсгалт хорооны танхимд нь түүний хөрөг залаастай байдаг байна. Мөн нийслэл Гавана хотын олон улсын нисэх онгоцны буудал нь Хосе Марти ажээ. 1956 оноос 1959 оны хооронд [[Кубын хувьсгал]]д үнэтэй хувь нэмэр оруулсан [[Аргентин]]ий хувьсгалч[[Эрнэсто Гавара]] нь Хосе Мартигийн хойд дүр гэгддэг байна. Тэрбээр мөн хил алгассан Латин-Америкийн ардын хувьсгалын тэргүүлэгч нэгэн юм. 走した。
 
 
== Монгол улсад ==
Куб Монгол улсын харилцааны хүрээнд түүний нэрийг монголчууд мэдэх болсон. Нийслэлийн Хан-Уул дүүргийн 52-р дунд сургууль нь Хосе Мартигийн нэрэмжит юм.
 
[[Category:Латин-Америкийн уран зохиол|Хосе Марти]]
[[Category:Кубын улс төрчид|Хосе Марти]]
<!--[[Category:Кубын хөгжмийн зохиолчид|Хосе Марти]]-->
[[Category:Кубын шүлэгчид|Хосе Марти]]
[[Category:Хувьсгалч|Хосе Марти]]
 
[[ar:خوسيه مارتي]]
6,090

edits